個人情報を隠すシール【ICカードステッカー】

Photo by Milica Spasojevic on Unsplash

突然ですけどストーカーってこわいですよね(突然)。
当たり前すぎて全員思ってることなのに、コストをかけて真剣に対策をしてくれるお店って、少ないように思います。
店がキャストに求めることをシンプルに表すとだいたいそれ「お客さんに『また会いたい』と思ってもらえるようがんばれ」で、これって達成すればするほど、被害にもあいやすくなっちゃう。がんばって好かれれば好かれるほど危ない。なのに断固としてノータッチ、自己責任でーす!ってお店、いっぱいある。せめて相談だけでもさせてもらえる(相談してもいいと思える)スタッフがいてほしいものです。

本名、住所、別の勤務先、このあたりはもう悪意ある人に渡ったらひとたまりもないというか、考えたくもない事態ですよね。もしも知られたら…って思うこと自体がストレス、それだけでもう凄まじいストレス。もちろん悪用しようって意志がなくても普通にダメ、からかいのつもりでも愛のつもりでもダメ。許してないことを勝手にするのは全部ダメ。
勝手に私物を見られて「へえ〜本名○○ちゃんっていうんだぁ〜!ふう〜ん(笑)意外とカワイイ名前じゃん!」とか思われることを想像するだけでぞっとする!

自衛をするのもプロの仕事のうちだとか、ストーカーされるのは隙があるからだとか、怪しいやつは目を見れば分かるとか、そういうご意見はまとめて蹴っとばして下水に流しました。そんな単純でシンプルな話なら警察はいらないんだよ!

出勤時に店がお財布を預かってくれる方式、よくあります。バッグを漁られ所持金を抜き取られることはもちろん、個人情報を盗み見られることも防げる。でも、そこまで責任持てないし預からないよ、最初から身分証は持ってこない方向でヨロシク、というスタンスのお店もあります。
だけど電車の定期には本名と最寄り駅が書かれているし(最近はみんなモバイルSuicaなのかな?)、たとえば昼間に別の仕事をしてから自宅には戻らずそのまま出勤する人は「社員証兼入館証」的なものがあるかもだし、出勤前に病院に行かなくちゃならない日は保険証と診察券持ってるし、早番の勤務を終えて急いで保育園にお子さんを迎えに行かなくてはならない(今はセキュリティのためのIDカードがあるときいたので)人だっていると思う。
個人情報の載ったものを持たない、というのはけっこう無理めな設定です。

とはいえ、店にお財布預けてたら何もかも安心なんていうことも全然なくてな……
だって従業員にお金を抜かれたっていう話も、たくさんじゃないけど聞くからね。

わたしはもう何年も勤務が深夜で、前後にどこかへ立ち寄ることが少ないので、iPhoneでモバイルSuicaが使えるようになるまではお財布は持たずにSuica1枚で出勤することが多かったです。最初の頃はわざわざファミマ探してた…(ヤングなおぬしよ、セブンでSuicaが使えるようになるの、けっこう遅れたんじゃよ。)
オートチャージ設定でどうしても表面には本名が記載されちゃってたから、こういう何度も貼ってはがせるステッカー貼って使ってました。Suica以外でも似たようなサイズのものにいろいろ使えそう。

吸い込まれるタイプの券売機に入れるときは必ずはがさないとだめです。券売機の中で引っかかって出てこなくなったりするから。

“ICカードステッカー” や “個人情報ステッカー”で検索するとたくさん出てきます。

はらぺこあおむし! 2枚もいらないよって思うけど、意外に見た目ボロくなっていっちゃうものなのでいずれ使うことになります。

キャラクター物が多いので、こういうテイストのけっこう貴重。

不届きな客が私物に手をかけた瞬間、バラエティ番組のように電流がビリビリ流れる装置がほしい。でんじろう先生に満面の笑みで容赦なくやってほしい!それまでこうしてチマチマとした対策を各自で取らなきゃいけないってことか。やれやれですね。

I footnotes
タイトルとURLをコピーしました